伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

INFORMATION

周年記念扇子

京都コンサートホール25周年記念   25周年を迎える京都コンサートホールの記念グッズのお話を頂き打ち合わせをさせて頂きました。   京都産業技術研究所を通じお話を頂き...

京扇子とは

京扇子の定義   「京扇子」という言葉は、扇面、扇骨、仕上げ加工すべてを京都および京都近郊の職人で作られた扇子のことを指します。また京都扇子団扇商工共同組合が有する商標で、その組合員だけ...

茶席扇子

茶道の作法に欠かせない道具 茶席扇子は、お茶席に欠かすことのできない道具です。 理由は、その作法に組み込まれているからです。   最初に茶室に入る時や、そのあとに正客に挨拶するとき、...

扇子加工 ホンモミ

独特の風合いを醸し出すモミ柄   ホンモミ柄の加工の仕事をしています。 ホンモミとは、文字通り紙を揉み込むことで意図的にシワを作りそれを柄として使う手法です。 扇子の紙は特殊構造...

扇子の納品

DIALOGUEで 今年の工芸見本市DIALOGUEではコロナウイルスの影響で日程が変更され、土曜日に予定されていた一般のお客様に来て頂く日が中止となってしまいました。   そんな中、...

雛祭り

季節 子供を授かり、親となることで自分は何を伝えていけるだろうと考える事が増えました。     大したことは教えられないですが、人間らしい生活を営むことで日本人として生...

DIALOGUE終了。

DIALOGUE 今年も京都のホテルカンラで行われた工芸見本市DIALOGUEが無事完走しました。   各部屋、素敵な作り手が集まりレベルの高い展示となっておりました。  ...

DIALOGUE 工芸見本市

様々なクリエイターが集まる工芸見本市 今年も京都のホテルカンラで行われる工芸見本市DIALOGUEが開催されております。   毎年参加させていただき沢山の人にどのような仕事をしているか...

舞扇子の下地の加工

銀箔を使った舞扇子の下地 舞扇子に使われるサイズの地紙に銀箔を使ってモミ柄を入れる仕事をしています。   モミ柄とは、紙をくしゃくしゃに揉んだあとを模した柄で、扇子の世界では真綿を引き...

DIALOGUEにむけて。

箔の魅力の発信。 今年もホテルカンラで行われるDIALOGUEに参加させて頂きます。   今回419号室でご一緒させて頂くのは、お馴染みの西陣の帯地、引箔をされていて、その技術を生かし...