伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

NEWS

プレゼントにピッタリのちょっと良い扇子

プレゼントにピッタリのちょっと良い扇子

天の川をモチーフにした扇子 季節が変わり、気温が上昇してきて、夏扇子の需要が出てきたようです。   今年は外出禁止令で外に出る機会も少なく、なかなか扇子の需要も無いのかなと思っていましたが、贈り物というコミュニケーションツールとしての役割があるようです。   そんな中、夏扇子の天の川は発売...

京扇子 箔彩

京扇子 箔彩

箔の彩りを感じる扇子 この度宮脇賣扇庵さんのお仕立てで、箔彩というシリーズを作ることになりました。   この箔彩は字の如く箔の彩りを感じられる扇面柄になっており、7寸5分の45間というサイズで仕立てられます。   元々箔を使った扇子は重々しく夏物に適さないとされ舞扇子や飾り扇子にかなり...

DIALOGUE 工芸見本市

DIALOGUE 工芸見本市

様々なクリエイターが集まる工芸見本市 今年も京都のホテルカンラで行われる工芸見本市DIALOGUEが開催されております。   毎年参加させていただき沢山の人にどのような仕事をしているか見て頂く機会とさせていただいているのですが、今年は新型肺炎、コロナウイルスの影響で開催日を短縮し、バイヤーズデイだけの開...

ホテルカンラで行われるDIALOGUE2020について。

ホテルカンラで行われるDIALOGUE2020について。

開催要項変更の注意。 今年もホテルカンラで行われるDIALOGUEが明日2月27日から開催されます。   今回のDIALOGUEはプレスリリース時点では27日のバイヤーズデイに始まり、29日の一般販売までとされていましたが、コロナウイルスによる新型肺炎の影響で、政府のイベント自粛要請に従う形となり会期が...

2020伝青展に参加させて頂きます。

2020伝青展に参加させて頂きます。

第23回京都伝統産業青年会展  伝統を伝統の場所で 今年で23回目を数える伝青展に大西京扇堂さんと制作した飾り扇子「箔絵 四季」を出展させて頂きます。   [caption id="attachment_1280" align="alignnone" width="1024"] 飾り扇 箔絵 四季 ...

DIALOGUE2020ホテルカンラ 下見会

DIALOGUE2020ホテルカンラ 下見会

DIALOGUE2020の会場下見と説明会 今年もDIALOGUEに参加、出展させていただくにあたり、お部屋の下見をさせて頂きました。   今回、例年使わせていただいていたダブルルームから少しグレードアップし、スーペリアダブルルームになるということで、同部屋で出展する楽芸工房の村田さんと加地金蘭の坂田さ...

扇面画 箔絵望月

扇面画 箔絵望月

箔だけで描く扇面画 箔絵 望月   宮脇売扇庵から楽趣会へ出展する扇面画の依頼を受け、作らせて頂きました。 ぼやっとした月明かりが照らし出す風景。 光の表現にちょうど良いと思い、全面を箔の砂子だけで仕上げてみました。 望というテーマがあったので、打ち合わせの中で望月という言葉があがり、そのイメー...

展覧会 京の名工展

展覧会 京の名工展

京都の伝統工芸品が一堂に会する展覧会。   今年も京都文化博物館5階で開催される「京の名工展」に参加させて頂いています。   会期は10月23日~10月27日10時〜18時(最終日は午後16時)までとなっていて、京都の伝統工芸品が一堂に会する展覧会になっています。   本来は、京都の伝統...

伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

〒605-0832
京都府京都市東山区大黒町通五条上る2丁目大黒町304

10時~17時