伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

ABOUT

concept

 

京もの認定工芸士として、金、銀箔を使った扇面加工の職人、図案家として伝統を現代にそして未来に伝えるための活動です。

様々な伝統芸能や神事、祭事と関わってきたアイデンティティーの一部を扇面に落とし込み、箔を使って表現する事で日本人が何を美しいと思い、大切にしてきたかを現代に伝え、生活に少しの豊かさを感じてもらうものづくりを目指します。

 

 

 

京扇子制作に携わる職人として現代にそして未来に伝えるべきアイデンティティーは何か。

 

京扇子の特徴とは何か。

 

「京扇子」という定義は、扇面、扇骨、仕上げ加工すべてを京都および京都近郊の職人で作られた扇子のことで、京都扇子団扇商工共同組合が有する商標で、組合員だけが使用できるものです。

 

しかし、この定義だけでは、京扇子の材料や古典技術を守るという役割はある程度守ることが出来ますが、その技術が何を表現するための技術、材料なのかという精神性を置いていくことになってしないます。

例えば、キャラクターものの印刷を京都で行い組合員が仕立てればそれは京扇子となります。

 

単価の安さから、バブル期に中国に渡り成熟されつつある中国の扇子作りの技術やテクノロジーの発達により、人が手でやるより正確にあがる技術が出ている中、果たして京扇子の役割はなんなのか。

国指定の伝統工芸品として京扇子が持つ役割、特徴とは。

 

それはやはり、芸事、神事、祭事、仏事とともに日本人の美徳や祈りを伝えて来た京扇子が持つアイデンティティの部分ではないでしょうか。

 

京扇子が関係が深い、能や茶道は室町時代の新しい宗教的観念や武士が持つ精神と関係が深く、「もののあはれ」「幽玄」「侘び寂び」と呼ばれる東洋独特の美的感覚を大切にしています。

近代の西洋的産業成長が行き詰まりを見せ、個々の心の豊かさ見直されている昨今、日本人とは何かを一部でも表現し、伝えることのできるプロダクトや作品こそ伝統工芸として、社会的価値があるのではないかと考えます。

 

 

日本の伝統工芸、京扇子における箔の表現の独自性

 

金箔や銀箔は日本だけでなく、全世界で広く使われる素材で、その煌びやかさや高級感から豪華絢爛をイメージする時に使われる事が多く、日本でも平安時代の貴族文化や戦国時代の成り上がりの武士達が権威の象徴として使うこともありました。

 

しかし、文学、宗教、礼節、忠義、芸能の世界で、「もののあはれ」「幽玄」「侘び寂び」と呼ばれる東洋独特の美的感覚を大切にする流れがあり、金箔や銀箔の表現も豪華さや煌びやかさの裏側の切なさ、儚さを表現する場合も出てきました。

 

全世界を見回しても箔の表現といえば絢爛豪華や文様装飾が主流でその裏側の儚さや切なさの表現は東洋、特に日本で育った技法なのではないかと思います。

 

京扇子では豪華絢爛な金箔、銀箔を使った表現はもちろん、日本で育った切なさや儚さを表現する技法を使い日本のアイデンティティを表現しています。