伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

BLOG

開会記念コンサート

開会記念コンサート

京都が発信する文化 コロナウイルスの影響で活動する事が難しくなかなか発信する事が出来なかった規模の大きい文化活動ですがこの京都コンサートホール25周年記念秋の音楽祭はしっかり京都が文化的活動を発信する拠点であるという覚悟を見せたように思います。   この公演はコロナ渦の影響で開催を悩まれていましたが音楽...

秋の音楽祭 京都コンサートホール。

秋の音楽祭 京都コンサートホール。

音楽祭の記念品 京都コンサートホールで行われる秋の音楽祭に合わせ発売される当施設の25周年記念グッズの扇子を作らせて頂きました。   この企画は清水焼を使っておられる今村祐華さんの作品とこの京扇子を25周年オリジナル作品として当ホールで販売する企画で、過去の周年でもエコバッグや工芸品など京都の企業や作家...

京都コンサートホール25周年の扇子を作らせて頂きました。

京都コンサートホール25周年の扇子を作らせて頂きました。

記念グッズの扇子。京都コンサートホールの開園25周年 京都コンサートホールの25周年記念グッズの一つとして扇子を手掛けさせて頂きました。   ホールの特徴であるパイプオルガンをモチーフにしたデザインで箔押しを施しています。 これからの季節にも合う大人の色合いとなっています。   &n...

河村氏による能講座

河村氏による能講座

初心者にも分かりやすい能   先日、所属する異業種交流団体の美月会の定例会にて河村能舞台で能楽おもしろ講座をされておられる河村純子さんを講師に迎え研修を行いました。     この日は経営者の集まりということもあり、この事業を始めるきっかけや苦労、能から学んだことなどを中心にお...

干支物。

干支物。

毎年の仕事 扇子というアイテムは芸事で作法に組み込まれた小道具として、またノベルティや記念品として扱われたりという顔を持っています。   暑い時に仰ぐ以外のそういう側面を活かして毎年干支をモチーフとした扇子の制作が行われます。     この仕事に着手する時、だいたいまだ残暑...

茶席扇子の柄の制作

茶席扇子の柄の制作

海外向けネット販売の商品 暦の上では秋っぽくなってきた今日この頃ですが、扇子は夏に仰ぐだけが用途では無いので秋、冬は文化的な用途の扇子の制作がメインとなります。   今回ご注文頂いたのは海外向けのネット販売をされているお茶屋さんのオリジナル茶席扇子です。   数年前からチラチラとお声がけし...

京都扇子団扇商工協同組合の取り組みの続き

京都扇子団扇商工協同組合の取り組みの続き

プレスリリースのその後 飛沫感染対策に扇子の持つ文化を乗せ、それに合わせた抗菌の商品をリリースし、主に花街での使用モデルを提案した動きでしたが、これを沢山のメディアに取り扱ってもらい、拡散して頂く事ができました。     テレビ、ラジオ、その他SNSなどで二時的に発信して貰うことにより少...

加飾作業。

加飾作業。

真鍮に箔押し 同じ京もの認定工芸士、響のメンバーである小林さんから加飾の依頼を受けて箔押しをさせて頂いています。   試作としてウレタン系の接着剤での加飾を試みましたが、この気温、湿気など気象状況により、接着の具合が変わってくるのでとても勉強になります。   箔は光の反射で見える色味が変わ...

京都扇子団扇商工協同組合の取り組み

京都扇子団扇商工協同組合の取り組み

抗菌作用のある漆喰を塗布した扇面加工   所属している京都扇子団扇商工協同組合ではこの度、会員である清水商店により抗菌作用のある漆喰を塗布した扇面加工を施した抗菌扇子を開発致しました。   これにより、ウィルスの飛沫感染対策として扇子で口元を隠し会話をするという新たな日本らしいコロナ対策を提...

抗菌、京扇子の取り組み

抗菌、京扇子の取り組み

抗ウィルス仕様の京扇子 今年は、コロナウイルスの影響による新しい生活様式への対応がしいられています。   そんな中、京都扇子団扇商工協同組合では、抗菌の扇子を開発、普及を目指し動き出しています。     扇子地紙を製造している清水商店で開発された、漆喰を塗布した抗菌効果のあ...

大西京扇堂の箔扇子 枯淡シリーズ

大西京扇堂の箔扇子 枯淡シリーズ

箔を使って日本人の美徳を表すシリーズ 大西京扇堂で発売されている枯淡シリーズは、枯淡という言葉は、あっさりとしていながら味わい深さを感じることや、欲気がないといった意味で、それを箔を使って可視化を試みたものです。   上品な色地に華やかなイメージのある箔をマットに配置することで、あっさりとしていなが...

京都ゆにくろにて山武扇舗の広告展示

京都ゆにくろにて山武扇舗の広告展示

京都ミーナでの展示   今年の3月末から京都三条にある商業施設minaの三階、ユニクロ内の京都スペシャルの売場で山武扇舗さんが広告展示されています。   山武扇舗の代表的な扇子と魅力的な店主の写真が展示してあります。     その中に共同開発している箔動の燻シリ...