伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

受注生産シリーズ

京扇子のオリジナル商品が扱いたい方へ。

京扇子のオリジナル商品が扱いたい方へ。

京都らしい扇子が扱いたい時に 今回はオーダーによるオリジナル商品についてお話します。   日本の良さを伝えるオリジナル商品を扱いたいという方に対して、箔を扱う技術を用いて作るオリジナル柄の扇子を提案させて頂いております。       今回させて頂いたのは、お茶席用の...

開会記念コンサート

開会記念コンサート

京都が発信する文化 コロナウイルスの影響で活動する事が難しくなかなか発信する事が出来なかった規模の大きい文化活動ですがこの京都コンサートホール25周年記念秋の音楽祭はしっかり京都が文化的活動を発信する拠点であるという覚悟を見せたように思います。   この公演はコロナ渦の影響で開催を悩まれていましたが音楽...

秋の音楽祭 京都コンサートホール。

秋の音楽祭 京都コンサートホール。

音楽祭の記念品 京都コンサートホールで行われる秋の音楽祭に合わせ発売される当施設の25周年記念グッズの扇子を作らせて頂きました。   この企画は清水焼を使っておられる今村祐華さんの作品とこの京扇子を25周年オリジナル作品として当ホールで販売する企画で、過去の周年でもエコバッグや工芸品など京都の企業や作家...

京都コンサートホール25周年の扇子を作らせて頂きました。

京都コンサートホール25周年の扇子を作らせて頂きました。

記念グッズの扇子。京都コンサートホールの開園25周年 京都コンサートホールの25周年記念グッズの一つとして扇子を手掛けさせて頂きました。   ホールの特徴であるパイプオルガンをモチーフにしたデザインで箔押しを施しています。 これからの季節にも合う大人の色合いとなっています。   &n...

茶席扇子の柄の制作

茶席扇子の柄の制作

海外向けネット販売の商品 暦の上では秋っぽくなってきた今日この頃ですが、扇子は夏に仰ぐだけが用途では無いので秋、冬は文化的な用途の扇子の制作がメインとなります。   今回ご注文頂いたのは海外向けのネット販売をされているお茶屋さんのオリジナル茶席扇子です。   数年前からチラチラとお声がけし...

図案の構成

図案の構成

扇子の周年記念品 京都コンサートホールの25周年を記念したグッズの制作にあたり、図案を思案しています。   決められた予算の中でできる限りの事が出来るよう考えていたのですが、打ち合わせで建築やコンサートに対する気配りなどを見せて貰うと、なんとか相応しいものを、納得いく物を作る事が第一の課題だなと思うよう...

周年記念扇子

周年記念扇子

京都コンサートホール25周年記念   25周年を迎える京都コンサートホールの記念グッズのお話を頂き打ち合わせをさせて頂きました。   京都産業技術研究所を通じお話を頂き、初めて足を運ばせていただく運びになりました。     予算や納期の話をした後、コンサート...