伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

周年記念扇子

京都コンサートホール25周年記念

 

25周年を迎える京都コンサートホールの記念グッズのお話を頂き打ち合わせをさせて頂きました。

 

京都産業技術研究所を通じお話を頂き、初めて足を運ばせていただく運びになりました。

 

 

予算や納期の話をした後、コンサートホールをより深く知るために中を案内して頂きました。

 

まず建築へのこだわりが強いことに驚き、すべてにこだわりを持って作られていることに感動しました。

 

エントランスは十二支をイメージした円柱と目の錯覚をおこさせるような四角の配列が施してあり、文化的な匂いを漂わせています。

 

コンサートホールへのスロープは、日常世界から純粋に音楽に浸るためスイッチを切り替える助走路として作られていて、単純に最短距離を階段で繋ぐのではない音楽へのこだわりが感じられました。

ホールの中は、音の事、日本である事、五感で感じることを意識出来る空間になっていて、初めて見たパイプオルガンの迫力に圧倒されました。

 

ホワイエの開放的な空間は心が洗われるようで、全ての空間が音楽を心から楽しむためにいざなわれているように感じました。

 

当初は、ロゴを使ってそこに伝統技術を入れ込むことでらしさが出せればと思っていましたが、建物を見せていただき、そのこだわりや先進的な作りに魅せられ、もっとふさわしい物を模索したい気持ちになりました。

 

この施設に恥じないような良いものが作れれば良いなと思います。

コメントは受け付けていません。