伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

DIALOGUE終了。

DIALOGUE

今年も京都のホテルカンラで行われた工芸見本市DIALOGUEが無事完走しました。

 

各部屋、素敵な作り手が集まりレベルの高い展示となっておりました。

 

life with KOUGEI。素敵なキャッチコピーを入り口で見つけました。

 

この展示会のメインビジュアルとなっているドローイングの原画も飾ってありました。

 

デニムで作った扇子が飾ってありました。

 

生地を使ったインスタレーション

 

福知山から国産の漆の原木の展示。

 

染色に使う刷毛。

 

漆のグラスと金彩のグラスマーカー

 

染色の液と釉薬の展示は興味深かったです。

 

おりんの南條工房。

部屋のしつらえが圧倒的で今年の満足度No.1を獲得されていました。

 

様々な展示を見ることで感性を磨くことができとても勉強になりました。

関連情報

コメントは受け付けていません。