伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

箔彩、燻、箔を使った今年のラインナップ。

宮脇賣扇庵、今年の新種ラインナップ

今年は梅雨が長引いていますが、夏本番が近づいて来ました。

晴れ間が出てきましたが、梅雨明けはもう少し先のようです。

 

本来なら京都は夏の長期休暇や祇園祭があり賑わっている時期なのですが、今年はコロナウィルスの影響で、街も閑散としております。

 

そんな事になるとは思っていなかった時期に企画、制作をした今年の新しい柄が宮脇賣扇庵で発売をしております。

 

休業要請によって発送が遅れていた今年の新柄がようやく販売する体制を整えて店舗に陳列されました。

 

短い扇面に色とりどりの箔を散らし箔の彩りを最大限に活かした「箔彩」は三色展開、税抜き18000円。

 

 

時間をかけて出来る素材、焼箔そのものを京扇子の持つアイデンティティに重ねた表現の「燻」も同じ三色展開、税抜き8500円。

 

 

共に箔の魅力を伝える京扇子となっています。

 

今年の初めの展示会、ダイアログで展示させてもらってから半年ほど経ちましたが、是非お店に足を運んで実物をご覧頂けると幸いです。

関連情報

コメントは受け付けていません。

伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

〒605-0832
京都府京都市東山区大黒町通五条上る2丁目大黒町304

10時~17時