伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

別注扇子 納品

紫の色箔と銀砂子で上品に仕上げる大人の扇子

名古屋三越ジャパネスクギャラリーでご注文頂いたオーダー扇子が仕上がりました。

京扇子 紫 銀砂子 女性

紙よりも竹の部分が多く、骨の数も多い元々は絹扇子の形の扇です。

 

布文化の中国からシルクロード、ヨーロッパで発達した形で、洋装に違和感なく合わせられること、骨の数が多いため滑らかな風が来ることでよくチョイスされている形です。

 

ここに紙文化の日本の技術を合わせた和洋折衷な感じが異国の文化を取り入れて自分たちの風土に合うよう編集してきた日本らしさを感じ取れます。

 

扇面の柄としては、色と風合いの指定がありましたので、紫の色箔と銀砂子を使って上品で高貴な仕上がりを目指しました。

紫箔 銀砂子 京扇子

 

和の要素が強めの柄となりましたが、京都の扇子らしく舞やお茶などと通づる精神を表現できたのではないかと思います。

金彩扇子作家 米原康人 拝

関連情報

コメントは受け付けていません。