伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

父の日ギフト

歳を重ねると渋いものが似合います

父の日というとネクタイやチーフなど実用的な物からお酒や酒器、趣味のに関するものなど様々な定番があります。

 

扇子も暑くなってくるこの時期に父親に感謝を込めて送るオシャレなプレゼントとして人気のある商品です。

 

父のこれからの繁栄、末広がりを願いながら扇子を贈るのは意味合い的にもちょうど良いですね。

 

渋い年齢に差し掛かったお洒落な父親にピッタリな父の日ギフトとなっています。

ギフトにも。革の扇子入れと燻 #1.2.3

通常価格

12000

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

ギフト、粋な普段使い。現代のライフスタイルに寄り添う扇子の在り方   扇子を持つという事 扇子は芸や武家社会の中で礼儀作法に組み込まれ、特権階級の中では、刀と同じように常に日本人の心として身につけてられて来ました。 忙しい現代、個々の心の豊かさ見直されている中、一つの選択肢として、日本人が何を美しいと思い現代に至ったか…

コメントは受け付けていません。