伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

2020伝青展に参加させて頂きます。

第23回京都伝統産業青年会展  伝統を伝統の場所で

今年で23回目を数える伝青展に大西京扇堂さんと制作した飾り扇子「箔絵 四季」を出展させて頂きます。

 

飾り扇 箔絵 四季 #2
飾り扇 箔絵 四季 #2

 

今年は伝統工芸を伝統ある場所で楽しむことがコンセプトになっており、伝統あるお茶屋である輪違屋さんで開催されます。

 

 

扇子と箔の魅力を伝統ある場所で感じて頂けると幸いです。

 

また期間中、会員による展示以外にも、日本酒とお漬物のバーでお酒を楽しめたり、太夫さんとの記念撮影ができたり、トークショーがあったりとイベントが盛りだくさんなので、楽しい時間を過ごせるイベントとなりそうです。

 

令和2年1月26日(日)10:00〜17:00

 

当日入場料1200円

 

輪違屋

〒600-8825 京都府京都市下京区西新屋敷中之町114

関連情報

コメントは受け付けていません。

伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

〒605-0832
京都府京都市東山区大黒町通五条上る2丁目大黒町304

10時~17時