京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

全国伝統的工芸品公募展2020

全国の工芸品が集う公募展

20201128日(土)~127日(月)国立新美術館 1階展示室で行われている「全国伝統的工芸品公募展」に出品させて頂いています。

 

 

今回で45回目となるこの展示会は毎年、経済産業大臣指定伝統的工芸品をはじめとする全国の工芸品の受け継がれてきた確かな技術に、現代の生活の中で求められ愛されるような新しいアイディアや工夫を取り入れた工芸品作品の公募し優秀な作品にはいくつか賞が用意されていたりします。

 

今回は入選という形での出品となりました。

 

この展示会は無料にて、これらの伝統工芸品をじっくりとご覧頂ける場となっておりますので、現代の暮らしに彩りを与える工芸品達との出会いをお楽しみください。

 

 

東京での展示となりますので、普段接点のない首都圏の方に見て頂ける機会となっております。

是非お運び下さい。

コメントは受け付けていません。

京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

〒605-0832
京都府京都市東山区大黒町通五条上る2丁目大黒町304

10時~17時