伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

加飾作業。

真鍮に箔押し

同じ京もの認定工芸士、響のメンバーである小林さんから加飾の依頼を受けて箔押しをさせて頂いています。

 

試作としてウレタン系の接着剤での加飾を試みましたが、この気温、湿気など気象状況により、接着の具合が変わってくるのでとても勉強になります。

 

箔は光の反射で見える色味が変わってくるので上からどのようなトップコートをするかで同じ箔をつかっていても違うモノになってきます。

 

 

コーティングで箔の見え方が変わってくるのでそこも色々試してみたい所です。

 

コメントは受け付けていません。