伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

スポーツ観戦と扇子

サンガスタジアム

 

今年完成した京都、亀岡にあるサンガスタジアムに京都サンガの試合を観戦しに行ってきました。

 

スタジアムは、サッカー用のスタジアムだけあって観客席はプレーエリアと近くとても迫力がありました。

 

現代建築らしく屋根の感じやコンクリートの出方がカッコ良かったです。

 

 

コロナウィルスの対策として入場制限がかかっておりソーシャルディスタンスを保った配置になっていたのでとても観戦しやすく最後まで快適に見ることができました。

 

試合の方も1-0でサンガが勝利し良い雰囲気でした。

 

満員で沢山のサポーターが応援している時も盛り上がっていて良いのですが、歓声があまり上がらないこの環境では、ピッチ内の選手の声掛けや、接触の音など臨場感をより楽しめるので良い経験が出来たなと思います。

 

夏のスポーツ観戦は、野外ということもあり蒸し暑く何か仰ぐ物が有れば嬉しいのですが、普段の観戦では一人、一人のスペースも狭く、手に応援グッズや飲み物を持っていることも多いので使わない時はすぐに収納出来る扇子は、とても便利だなと思いました。

 

夏のスポーツ観戦には是非扇子をお持ちになって出掛けてみて下さい。

コメントは受け付けていません。