伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

扇子を使った内祝い

内祝いに使う扇子を作らせて貰いました

大西京扇堂さんのお仕立てで内祝いに使う扇子を作らせて頂きました。

 

あまり数が多いわけでも無く、めちゃくちゃこだわった物でもない難しいラインの加工になりましたが、予算でできる範囲で良いものになるよう努力をしました。

化粧紙という紙の張り合わせ時に着色が施された紙を使い、その上から箔加工することで、暖かく少しレトロな味わいを出し、大西京扇堂独自の京彫りが施された骨を合わせることで、ジェンダーレスで京都らしい商品に仕上がったと思います。

扇子ケースもセットにし、高級感ある箱に入ることでよりもらった時の幸福感が増すかなと思います。

コメントは受け付けていません。

伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

〒605-0832
京都府京都市東山区大黒町通五条上る2丁目大黒町304

10時~17時