伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

扇子を作るための準備

コロナウィルスの影響で得意先である宮脇賣扇庵さんは水、土、日曜日を休業、大西京扇堂さんは、6日まで休業という選択をされました。

 

開けているお店も、街中の人通りが疎らな中、厳しい営業となっています。

 

芸能の会や集まりも自粛になり、注文もありませんが、今出来ることをしていかないといけません。

 

 

毎年、夏場の膠が効かない時期にやっている小石や野毛を切る作業や、在庫の整理、職場の整理、新柄の試しなど、やりたくてもなかなか手が回らなかった分野に前向きに取り組んで行こうと思います。

コメントは受け付けていません。