伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

山武扇舗とのお仕事

昨年好評だった夏扇子、砂子のシリーズ

今年は例年と様相が違い自粛ムードで経済的にも停滞していますが、近年、毎年させていただいているシリーズの制作に入りました。

 

扇子の需要は毎年一度一気に気温が上がり暑さを感じるゴールデンウィークごろに出てきます。

 

なので、ここを目指して毎年新しい色や在庫の補充などをしています。

 

今年は外出禁止令があったので、店舗での販売はやってはいますが今のところほとんど見込めません。

山武扇舗さんも手が空いたのでこのシリーズをブランディングに着手していこうという話になりました。

 

人気の短地と買い求めやすい女性サイズ

今回は化粧紙という紙の張り合わせ時にパステルカラーが着色された特性の地紙を使いカラーバリエーションを増やしました。

サイズは6寸5分の45間短と6寸5分の25間という夏物としては一般的なもの2種類となります。

 

扇面柄は、砂子が作り出す抽象的でエモーショナルな情景が伝統的でありながら現代の感覚にも通じるものがあるのではと思っています。

 

色合いもパステルカラーで使いやすく洋服、和服問わず良いアクセントになるのでは無いでしょうか。

 

扇面は加工し終わったのでここから仕立ての作業に入っていきます。

私の手はなはれますが、今年も出来が楽しみです。

コメントは受け付けていません。