伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

新年会

京都扇子商工共同組合青年部の新年会に参加させて頂きました。

 

京都扇子商工共同組合青年部は京都で扇子を作ったり売ったりしている事業者で45歳以下の人で形成されている団体で、現在は、15人ほどで活動しています。

 

主な活動は小学校に体験学習として扇子作りを教えたり、歴史やどのような仕事が伝えたり、これからどのようにして扇子作りを後世に伝えていくか、自分達が作るものをより良くしていくかなどを考え動いています。

 

毎年会場は決まっていて、円山公園前の旅館料亭、花楽を使わせていただきます。

 

インフルエンザや中国で流行っている肺炎にもかかることなくほぼ全員が揃ってこの日を迎えることができました。

人事案件や事業の話を一通りした後食事、懇親会をしてこれからの伝統産業や扇子が社会にどのようにアプローチしていくのか色々な意見を聞くことが出来ました。

 

会場の花という字と楽という字がとても楽しげで良い部屋の装飾だなと思いました。 

コメントは受け付けていません。

伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

〒605-0832
京都府京都市東山区大黒町通五条上る2丁目大黒町304

10時~17時