伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

銀砂子

定番柄の砂子銀箔 扇子 仕立て前 銀砂子

粗めの網を使った銀砂子。

シンプルで作業時間も要さないながら箔の良さを感じる日本風の箔柄です。

 

シンプルなので、上から文字が入ったり、裏地に使われたりと様々な用途があるので、まとまった枚数を着手することの多い作業です。

 

網の荒さを調節して、砂子を細かくしたり、金箔の砂子にすることで、風合いを変えることができ、バリエーションもある仕事です。

 

金彩扇子作家 米原康人 拝

コメントは受け付けていません。