伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

展示会、完走、ありがとうございました。

「箔職人3人展  京の伝統の技。箔が生むアートな世界」

 

1023日〜29日名古屋栄三越8階ジャパネスクギャラリーで開催した「箔職人3人展  京の伝統の技。箔が生むアートな世界」

 

本日をもって、無事完走できました。

今回、素晴らしい場所で、箔を扱う魅力的な仲間と共に展示を出来たことをとても嬉しく思います。

 

普段は工房で籠って仕事をしているので、表に出てみないと気付かないこともあり、扇子という商品の可能性や、箔の魅力に改めて気付かされた部分があったかなと思います。

 

また次の機会があればこの経験を生かしてまた違う見せ方が出来ればいいかなと思います。

 

コメントは受け付けていません。