伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

名古屋三越 ジャパネスクコート

箔男3人展

 

10月27日名古屋三越8階ジャパネスクコートで、1日アテンドさせて頂きました。

本日お話させて頂いた皆様ありがとうございます。

近隣で、ハロウィンイベントがあったようでコスプレ姿のお子様の姿が目立ちました。

 

あまり集客が多いギャラリーではないので、手が空いているときは仕事をしていても良いということだったので、普段、なかなか手のつけられていない道具のメンテナンスをさせて頂きました。

 

 

 

普段の仕事で痛んだ砂子を振る為の筒の網を張り替えます。

 

 

網を取り外し、新しい網を適当な大きさに切り筒に貼りなおしていきます。

しっかり固定出来ていないと作業中に網が外れて箔が飛び散り大惨事になるので外れないようしっかり針金でしめています。

 

午前中はほとんど人が観に来なかったので、とてもはかどりました。

 

いつかやらないとと思っていたことに着手できて良かったです。

コメントは受け付けていません。