伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

classicalシリーズ 金霞 

通常価格

5,940

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

説明

classical
源氏物語絵巻、平家納経などをモチーフに京に都があった時代の雅な雰囲気が時を漂流し現代へ。作り手が扇子文化として後世まで伝えていきたい伝統を形にしたシリーズです。

金霞
彩度の強い金の砂子と細かめの金銀砂子で日に照らされ流れゆく細かな粒子をイメージ。

山里の朝焼けの中で流れゆく霞を表現。山道の中、強い光りにてらされ漂い、流れゆく霧のような粒子をそのまま扇子に落とし込んだ商品です。

薄紅、薄水、からし、白、黒の日本らしい可愛らしさを持つパステルカラー5色展開でご用意しております。

 

普段の生活の和のアクセントとして、また和装のおともとしても非常に上品な存在感を、発揮するアイテムとなっております。

紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸の技術で仕上げたハンドメイド。

開けた時、仰いだ時に和の香りがフワッと香るようになっています。

素材 
扇面 和紙、中金、銀、顔料、両面加工
   
扇骨 焼竹

サイズ

6寸5分(約20cm×1.2cm)最大広幅約35cm

持ち運びに便利なやや小ぶりのサイズ感に竹の色味や閉じた時のフォルム、骨の本数まで扇子本来の美しさや上品さにこだわった一品です。

一本、一本ハンドメイドなので多少の個体差があります。
また金箔を使用しているため光の当たり具合などで色味等が違う印象を与えるかもしれません。ご了承下さい。

ご不明なことがありましたら是非お問い合わせ下さい。

関連商品

コメントは受け付けていません。