伝統工芸京扇子|金彩扇子作家米原康人 京もの認定工芸士である金彩扇子作家「米原康人」が、印刷では表現が難しい扇子本来の美しさ、格好良さを追求したオリジナル扇子を制作・販売しています。箔、紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸技術で仕上げた上質なハンドメイド。普段から愛用されている方、馴染みのない方もお使い頂けるよう豊富なラインナップをご用意しています。

day by day

通常価格

16500

(税込)
購入はこちら

※商品価格以外に別途送料がかかります。

説明

伝統工芸が現代に伝える生きる知恵をポップな図案に

 

日は昇り、沈むと月が昇る、そして日々繰り返す。
なんでもないことを慈しみ、日々生きていることを認識、感謝するという先人たちの人生を豊かに生きるための知恵を描写しました。

伝統や日本を感じる扇子を支持体としながら、直線やはっきりとした色使いをすることで、現代の空間との調和を図っています。

玄関、リビングのちょっとした空間におけるよう、コンパクトなサイズ感で仕上げています。

また、親骨に太骨を使用しておりますので飾る趣味はないという方は、普段使いもしていただけます。

紙、骨、扇面加工、折り、付け、全て伝統工芸の技術で仕上げた上質なハンドメイド。

扇面 和紙、焼箔、銀箔、両面加工
   
扇骨 焼煤竹

サイズ

6寸5分(約20cm×1.2cm)最大広幅約35cm

用途によって、竹の立て具か扇子入れをセットで発送させて頂きます。

備考かお問い合わせにお知らせください。

一本、一本ハンドメイドなので多少の個体差があります。
また金箔を使用しているため光の当たり具合などで色味等が違う印象を与えるかもしれません。ご了承下さい。

ご不明なことがありましたら是非お問い合わせ下さい。

コメントは受け付けていません。