concept / 概念

 

 

古くより日本の文化的拠点として発展してきた京都。

そんな京都でかつて烏帽子、冠とともに京都三職と称され庇護されてきた京扇子

日本文化の中で生まれる様々な芸事、礼儀作法の中に組み込まれ今も伝統工芸として残っている扇子を作る技術は現代に何を伝えられるのか。

 

今のつくり手としてできること、それは扇子が深く係わる日本の代表的芸事、茶道や能などが形式として紡ぐ東洋的精神や美徳を現代の生活や価値基準の中に少しでも表現し伝えることではないかと考えています。

 

西洋的合理主義社会の価値観が支配する日常、社会に今を生きる感覚を交えながら日本が紡いできた生きる知恵やアイデンティティーを箔と扇子というツールを使い可視化、表現することで、別の価値観を提供し豊かな心を持ってもらえる手助けになればと思い活動しています。

 

便利性や効率を求める合理主義や統一された人間、社会人として「こうあるべき」という社会的価値観に自分を当てはめることができず、自分をあきらめていた時に伝統工芸に出会い、芸事や祭事、神事の紡ぐ価値観に間接的に触れることで精神的に救われた自分ならではの表現で現代に日本で伝わってきた生きる知恵を伝えたいと思っています。

 

 

 

Today's Schedule